引越 近所 挨拶

引越時の近所への挨拶マナーを紹介

引越し時の近所への挨拶は欠かさないで

引越しの際の近所周りはこれからの新生活を円滑に行う上でも必ず行っておきたいものです。

 

もちろん過剰に行う必要はありません。
ある程度のマナーの範囲で行えば十分なので、これから紹介していきます。

 

 

挨拶の時期
 引越しの挨拶の中でも1番重要ともいえるのが時期です。
 新住所と現住所の距離があまり離れておらず、
 新住所との間を頻繁に行き来できるようであれば、 
 引越しの1週間前に挨拶に行っておいた方が丁寧です。
 挨拶を兼ねて引越し当日は色々とご迷惑おかけしますという意味合いで、
 引越し前に行う方が印象がいいです。

 

 また引越し先が遠方で引越し当日までなかなか足を運ぶ事ができない場合は、
 引越し当日の作業を始める前の方がいいですが、
 もし近所のお宅は不在の場合には当日の夜までには必ず行うようにしましょう。
 近所に無断で家の明かりを灯してしまうと近所の方々に
 不信感を与えてしまう可能性があるので注意しましょう。

 

 

挨拶の範囲
 挨拶周りで難しいのがその範囲ですね。
 挨拶の範囲は戸建て、マンションによって異なりますが、
 戸建ての場合は両隣と、道を挟んだ向かいのお宅の前3件程度でいいでしょう。

 

 また戸建ては戸建てでも新築の家が私道を挟んで5、6棟集合しているような
 コミュニティタイプの場合はコミュニティ全体に挨拶しておくのがマナーです。
 そしてマンションやアパート、社宅のような集合住宅の場合は、
 同じフロアー全体と、真下と真上の部屋のお宅にも挨拶をしておくのがベストです。

 

 

挨拶の品
 挨拶周りに行く際にはもちろん手ぶらでは失礼にあたります。
 挨拶の品を1品づつ持参するようにして下さい。
 持っていく品の良い例としては洗剤、タオルなどの日用品や、
 保存のきくような焼き菓子などがおすすめです。

 

 金額は1件あたり500円程度の品で十分です。
 またあまり派手にならない程度ののしをつけるか、
 名前入りのカードなどを添えておくとより丁寧で好印象になります。

 

 

 一括見積りで引越し料金が、13万円→3万5千円になった例も!

複数の業者に見積りを出すだけで、
数万円も安くなることはザラにあります。

ネットの無料サービスを使えばすぐにわかります。

このページで1〜2日以内にメール1通で各社の見積り金額を教えてくれます。
各社の料金を比較するだけで、格段に安く引越し料金を抑えることができますよ。

 



ホーム RSS購読 サイトマップ