バイク 引越し 手続き

引越し時のバイクの手続きはどうすればいい?

引越しするときのバイクの続き方法

引越しの際、バイクを所有している人はバイクの住所変更手続きを行う必要があります。
バイクは排気量によって手続き方法や必要書類が変わってくるので注意しましょう。

 

バイクは大きく50〜125ccの原動付自転車、126〜250ccの軽二輪、
251cc以上の小型二輪の3つに分類され、それぞれ手続きが異なります。
排気量別に手続き方法を紹介していきます。

 

 

125cc以下の原動付自転車の住所変更
原動付自転車、通称原付バイクの住所変更は、新住所地管轄の市区町村役所で行います。
ナンバープレートを外して役所に持参し、プレートの返却と諸手続きを行います。
この際、引越し先が同じ市区町村の場合は電話のみで手続きが完了する自治体もあります。

 

ナンバープレートと一緒に持参するものは、標章交付申請書と証明書、印鑑、身分証明の
全部で5つです。以上の必要書類と必要物を揃え専用窓口に一式提出します。
不備がなければその場で新しい車検証が発行され、軽自動車税を納めれば
新しいナンバープレートがもらえ、手続き完了となります。

 

 

126cc〜250ccの軽二輪の住所変更
軽二輪の住所変更の場合も基本的には原付バイクと同様の手順を踏みます。
必要書類を揃えて、新しい車検証とナンバープレートをもらいます。
しかし原付バイクと大きく異なる部分が変更手続きを申請する場所です。
原付バイクは各自治体で手続き可能ですが、軽二輪の場合は新しい管轄の
陸運支局へ変更申請する必要があります。

 

変更の際に必要な書類や必要物は、軽自動車届出済記入申請書、車検証、
軽自動車税申告書、住民票、自賠責保険証明書、印鑑、ナンバープレートです。
必要な書類、物を揃えて一式全て陸運局の窓口に提出、、納税を行い、
住所変更を行います。最後に新しいナンバープレートは購入します。

 

 

250cc以上の小型二輪の住所変更
小型二輪は軽二輪同様、管轄の陸運支局へ申請を行います。
手順は軽二輪と全く一緒ですが、必要になるものが多少異なります。
申請書、手数料納付書、軽自動車申告書、車検証、自賠責保険証明書、
住民票、印鑑、ナンバープレートです。

 

古いナンバープレートを返却、必要物を一式揃えて陸運支局の窓口に提出して、
新しい車検証をもらいます。その後自動車税を申告、納税して、
新しいナンバープレートを購入すれば住所変更の完了です。

 一括見積りで引越し料金が、13万円→3万5千円になった例も!

複数の業者に見積りを出すだけで、
数万円も安くなることはザラにあります。

ネットの無料サービスを使えばすぐにわかります。

このページで1〜2日以内にメール1通で各社の見積り金額を教えてくれます。
各社の料金を比較するだけで、格段に安く引越し料金を抑えることができますよ。

 



ホーム RSS購読 サイトマップ