引越し 手続き 住民票

引越しの際に住民票を移動させる手続き方法

住民票を変える手続きのしかた

引越しの際、まず最初に行わなければいけない手続きが住民票の移しです。
住民票の移動は必ず引越し当日の前後2週間以内に行わなければなりません。

 

手続きの手順は、
@引越し前に前住所地で転出の手続き
A引越し後に新住所地で転入の手続き
の2ステップです。

 

どちらも引越し当日の前後14日以内に手続きを完了し、
必ず本人か世帯主、代理人が手続きを行うようにします。
未成年の場合は世帯主(保護者)、代理人の場合は委任状が必要になります。
転出転入手続きの際に必要になるのは基本的に印鑑と書類のみです。

 

これから少し詳しく手続きの手順を説明していきます。

 

まず転出手続きの手順ですが、
引越し日の14日前から転出届けの受付ができるようになります。
まず前住所管轄の役所で転出届をもらい、必要事項を記入して、
転出の手続きを行います。手続きが完了すると、転出証明書が発行されます。
この転出証明書は転入届けの際に必要な書類になるので、
しっかりと保管しておきましょう。

 

続いて転入手続きです。

 

転入の手続きは引越し先の役所で行います。
転出手続きの際に発行された転出証明書と一緒に、
転入届に必要事項を記入し、提出して下さい。
この転入手続きは引越した日から14日以内に行って下さい。

 

住民票の移動は難しそうに感じるかもしれませんが、
役所に足を運べば手続き方法を丁寧に指導してくれるし、
お金がかかるものでもありません。
区役所や市役所が遠ければ、駅前や地域の出張所などでも、
手続きは簡単にできるものなので、早めに手続きを行うようにしましょう。

 一括見積りで引越し料金が、13万円→3万5千円になった例も!

複数の業者に見積りを出すだけで、
数万円も安くなることはザラにあります。

ネットの無料サービスを使えばすぐにわかります。

このページで1〜2日以内にメール1通で各社の見積り金額を教えてくれます。
各社の料金を比較するだけで、格段に安く引越し料金を抑えることができますよ。

 



ホーム RSS購読 サイトマップ