引越し 梱包 クッション材

引越し時の梱包やクッション材の上手な使い方とは

引越しの梱包に使える!クッション材に使える3つのアイテム

引越しの荷造りの際に活躍する梱包用の緩衝材を
無駄なく有効的に利用する方法をいくつか紹介していきます。

 

 

エアーキャップの使い方

 エアーキャップとは通称プチプチと呼ばれる気泡性の緩衝材の事です。
 引越し用の緩衝材としては1番有効的なアイテムです。
 エアーキャップは衝撃吸収度はかなり高いものになりますが、
 通常自分で購入しなければならない料金の発生するアイテムなので、
 割れ物として優先順位が高く、サイズの小さいものから梱包していきましょう。

 

 エアーキャップでの梱包に最適なものは主に食器類です。
 梱包方法としては食器1枚1枚を包んでいくのではなく、
 サイズ形が同じ食器は重ねて、重ねた食器を一気に包む事で、
 エアーヤップを無駄なく有効的に使う事ができます。

 

新聞紙やチラシを利用する

 新聞紙やチラシなどの大型の紙も荷造りの緩衝材としてうまく利用できるものです。
 使い方としては、割れ物をそのまま包むという利用方法もありますが、
 紙では衝撃の吸収率が低い為、直接物を包むという利用方法よりは、
 ダンボールなどの空いた隙間を埋めるために利用する方が便利です。

 

 割れ物などを詰めた箱隙間に新聞紙などを丸めて入れる事で
 緩衝材の役割を果たしてくれます。

 

洋服などの布を利用する

 洋服やタオルなどの布を緩衝材として利用するのも1つの方法です。
 例えば写真立てやトロフィー、CDといった割れ物の場合は、
 食器などに比べると割れる確立は低くなります。

 

 その為エアーキャップや新聞紙を利用するのではなく、
 荷物の1部の衣類やタオルなどに包んでしまえば、
 割れる心配もなく荷物自体を減らす事ができるのでとても便利です。

 一括見積りで引越し料金が、13万円→3万5千円になった例も!

複数の業者に見積りを出すだけで、
数万円も安くなることはザラにあります。

ネットの無料サービスを使えばすぐにわかります。

このページで1〜2日以内にメール1通で各社の見積り金額を教えてくれます。
各社の料金を比較するだけで、格段に安く引越し料金を抑えることができますよ。

 



ホーム RSS購読 サイトマップ