車庫証明 車検証 住民変更

引越したら車庫証明・車検証の住民変更は必要か?

住所変更すると車庫証明と車検証の交付が必要になる

引越しで住所が変わった場合には新たに車庫証明と車検証の交付を受ける必要があります。

 

 

地域によっては車庫証明や車検証の変更を必ずしも行わなくていい場所もあり、
次回の車検のタイミングで変更するという方法もありますが、
しっかりと住所変更を行っておかなければ万が一の事故や車の買い替え、
処分などの際に手間がかかってしまうので注意しましょう。

 

車庫証明の住所変更の方法は、個人で行う場合には新住所地管轄の警察署へ行きます。

 

 

警察署窓口で申請書をもらい、必要事項を記入し、車庫証明を受けます。
この車庫証明の申請書は警察庁のホームページからもダウンロードできますので、
事前に印刷し、記入してから警察署に行った方が手続きはスムーズに済みます。
この際地域差はありますが3000円前後の手数料が発生します。

 

また車検証は警察署ではなく管轄の陸運局で手続きを行います。
必要書類を揃えて陸運局に提出し、新たしい車検証をもらいます。
この際も数百円程度の手数料は必要となりますので注意して下さい。

 

以上は個人で車庫証明、車検証の住所変更を行う場合の手順ですが、
自分で行うのが不安な場合や手続き方法がよくわからない時には、
車を購入した店舗の担当者い問い合わせてみましょう。

 

このような車に関する諸手続きは、もろもろ手数料はかかりますが、
ディーラーが代行して行ってくれますので一気に任せてしまうのも1つの手段です。

 一括見積りで引越し料金が、13万円→3万5千円になった例も!

複数の業者に見積りを出すだけで、
数万円も安くなることはザラにあります。

ネットの無料サービスを使えばすぐにわかります。

このページで1〜2日以内にメール1通で各社の見積り金額を教えてくれます。
各社の料金を比較するだけで、格段に安く引越し料金を抑えることができますよ。

 



ホーム RSS購読 サイトマップ