郵便局 住所変更

郵便局へ住民変更の手続きをする際の注意点と必要なもの

郵便局へ住所変更すると使える便利なサービス

郵便局へ住所変更の手続きを行う事を「転居届」と言います。
この転居届の手続きを行うと旧住所から新住所への郵便物の転送を約1年間行ってくれます。

 

もちろん必ず行わなければいけない手続きではありませんが、
引越し後すぐに全ての登録住所を変更できない場合も多いので、
利用しておくと便利なサービスです。

 

 

この転居届は最寄の郵便局か日本郵政のホームページから手続きができます。
郵便局は新住所地、旧住所地どちらの郵便局で行っても大丈夫です。
また大きな郵便局でなくても窓口のある郵便局であればどこでも手続き可能です。

 

窓口に問い合わせると転居届専用のハガキがもらえます。
専用ハガキに旧住所と新住所、電話番号などの必要事項を記入し、
窓口に提出するか、郵便ポストに投函するだけで手続きは完了します。

 

手続きの際に必要なものやあらかじめ用意しておくものは特になく、
簡単に手続きできるので是非活用しましょう。

 

しかしこの転居届は申請してから受理されるまでに
3〜7日程時間がかかるので注意が必要です。
この期間は窓口で行っても、郵送でも、ネット申請でも同じ時間がかかります。
その為、手続きは引越し日の1週間前に申請を行うのがベストなタイミングです。

 一括見積りで引越し料金が、13万円→3万5千円になった例も!

複数の業者に見積りを出すだけで、
数万円も安くなることはザラにあります。

ネットの無料サービスを使えばすぐにわかります。

このページで1〜2日以内にメール1通で各社の見積り金額を教えてくれます。
各社の料金を比較するだけで、格段に安く引越し料金を抑えることができますよ。

 



ホーム RSS購読 サイトマップ